FandeBach's entry (1500)

Post an entry now!
FandeBach Premium

Domenica 23 novembre 2014

Sabato 22 novembre 2014 Violoncello e macchina Questa mattina ho suonato il mio violoncello per un'ora. Le mie studentesse sono v...
  •  
  • 11
  • 1
  • 2
  • Italian 
Nov 23, 2014 20:43
FandeBach Premium

カナダ物語 第八章 200-201ページ

「最後の西部」 ウィルフリド・ロリエー総理大臣は1904年に「20世紀は、カナダの世紀になる!]と主張しました。カナダに必要なものの一つは、人材でした。前より移民が入国していました。カナダで雇用を生み出すために元大統領故人ジョン・A・マクドナルド氏は、「国方針」を作り...
  •  
  • 59
  • 0
  • 4
  • Japanese 
Nov 21, 2014 08:03
FandeBach Premium

Giovedì 20 novembre 2014

Giovedì 20 novembre 2014 Oggi è il mio compleanno. Ha 40 anni. ... ottimo. ... Questa mattinata i miei genitori mi hanno chiamato per...
  •  
  • 49
  • 2
  • 5
  • Italian 
Nov 20, 2014 22:31
FandeBach Premium

カナダ物語 第八章 198-200ページ

「ゴルド・フィーバー」 ウィルフリド・ロリエー氏は、総理大臣になった時 [1896年]、ジョージ・カーマクと先住民で義理の弟のスクーカム・ジムと、タギシ・チャリーといっしょに、ユーコンという北極領地のクロンダイク川谷へ黄金を探しに出かけました。他の試掘者達は、ラッビッ...
  •  
  • 130
  • 1
  • 2
  • Japanese 
Nov 17, 2014 09:54
FandeBach Premium

Domenica 16 novembre 2014

Domenica 16 novembre 2014 Oggi era un giorno di sole, ma freddo. Oggi è il giorno del concerto di piano di mia figlia. Lei e mia mogli...
  •  
  • 28
  • 0
  • 3
  • Italian 
Nov 16, 2014 19:35
FandeBach Premium

Sabato 15 novembre 2014

Venerdì 14 novembre 2014 Stamattina sono andato a piedi dal Dr. No (dottore Noguchi) per far avere un'inoculazione per l'influ...
  •  
  • 38
  • 0
  • 2
  • Italian 
Nov 15, 2014 20:30
FandeBach Premium

カナダ物語 第八章 196ページ

「晴れやかな道」 ウィルフリド・ロリエー氏は、オタワ市の国会の階段を降りていました。若い時は、弁護士や新聞編集者として、コンフェダレーシオン(1867年カナダ連邦創立)に反駁して情熱的な記事を書きました。しかし1896年には、国の自由党[野党]のリーダーとなっちました...
  •  
  • 119
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Nov 14, 2014 08:58
FandeBach Premium

Mercoledì 13 novembre 2014

Mercoledì 13 novembre 2014 Oggi fa freddo. In mattinata ho suonato mio violoncello per novanta minuti. La mia studentessa Ko--chan (8 ...
  •  
  • 22
  • 0
  • 2
  • Italian 
Nov 13, 2014 20:08
FandeBach Premium

Mercoledì, 12 novembre 2014

Mercoledì, 12 novembre 2014 Non lavoro oggi, domani o venerdì questa settimana. Non è una festa, ma quest'anno non abbiamo viaggia...
  •  
  • 30
  • 1
  • 2
  • Italian 
Nov 12, 2014 20:37
FandeBach Premium

カナダ物語 第七章 188-192ページ

「国中鉄道」(第二部) カナダ政府は、北西のメティ人との約束を守りませんでした。白人の開拓者はメティ人の土地を取りつつありました。メティ人はもう一度、[指導者]ルイ・リエル氏を頼りました。追放されていた彼が帰ってきました。幻滅したり怒ったりするリエル氏は年を取りました...
  •  
  • 113
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Nov 11, 2014 09:17
FandeBach Premium

カナダ物語 第六章 188-192ページ

「メノ派教徒の開拓者」 メノ派教徒の開拓者は、アメリカ独立戦争の後、アメリカ合衆国からカナダへ移動し始めました。宗教によると、軍隊に入ってはいけないから、息子達は兵隊にならなくても良い国を探しに来ました。カナダの最初のメノ派教徒社会は、1700後期年代でオンタリオ州の...
  •  
  • 57
  • 1
  • 3
  • Japanese 
Nov 10, 2014 07:19
FandeBach Premium

カナダ物語 第六章 187-188ページ

「大鉄道」(第一部) 1870年、政治家ジョージ=エチエヌ・カチエー氏は、10年間で大西洋洋から太平洋までの鉄道を作ることを約束しました。無謀でしょうか。1880年、鉄道工事は始めたばかりでした。1872年の選挙で、マクドナルド総理大臣は、「鉄道侯爵」から賄賂のスキャ...
  •  
  • 99
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Nov 8, 2014 16:06
FandeBach Premium

カナダ物語 第六章 185-186ページ

全国――マイナス・ワン 太平洋海岸のブリティッシュ・コロンビア植民地に住んでいる人々は、カナダ連邦が西の方を見ていることが気になりました。1870年、植民地会議の代表は、カナダ政府とコンフェダレーシオン(カナダ連邦)参加交渉相談のために東へ出発しました。ブリティッシュ...
  •  
  • 72
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Nov 7, 2014 08:33
FandeBach Premium

カナダ物語 第六章 184ページ

シプレス・ヒルズ高原の虐殺 シプレス・ヒルズ高原は、現在の南アルバータ州とサスカチェワン州の乾燥した草原のやや上方ですが、ロッキー山脈からラブラドル沿岸地方までの間で一番高いところに位置します。狼も鹿も狩人も酒交易商もこの森で覆われた丘に引き寄せられていました。 ...
  •  
  • 38
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Nov 6, 2014 09:07
FandeBach Premium

Mercoledì 5 novembre 2014

Mercoledì 5 novembre 2014 La settimana scorsa è stata la settimana di Halloween in mia aula d'inglese. I miei alunni tutti avevan...
  •  
  • 53
  • 0
  • 5
  • Italian 
Nov 5, 2014 22:00
FandeBach Premium

Lunedi, 3 novembre 2014

Lunedi, 3 novembre 2014 Oggi è una festa -- il giorno di cultura. Le montagne sembrano molto belle con la neve sulla sommità e le fogl...
  •  
  • 55
  • 1
  • 3
  • Italian 
Nov 3, 2014 22:14
FandeBach Premium

カナダ物語 第六章 183-185ページ

[カナダ政府に大草原を併合すること] 大草原の治安を維持することは、北西騎馬警察隊の仕事でした。1874年の真夏で、新しい警察隊――300騎馬と供給馬車――は、マニトバ州のダファリン市から乗り出しました。軍隊のように赤い制服を着たり高いヘルメットをかぶったりしました。...
  •  
  • 96
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Nov 3, 2014 07:53
FandeBach Premium

Domenica, 2 novembre 2014

Domenica, 2 novembre 2014 Questa mattina sono andato a correre per la prima volta da septembre. Il mese scorso ci erano troppo di orsi...
  •  
  • 42
  • 0
  • 3
  • Italian 
Nov 2, 2014 22:11
FandeBach Premium

Sabato, il 1 novembre 2014

Sabato, il 1 novembre 2014 Oggi dovevamo andare a Tokyo-Disneyland, ma ieri mia figlia aveva una febbre. Sua madre l'ha portato al...
  •  
  • 48
  • 0
  • 3
  • Italian 
Nov 1, 2014 20:21
FandeBach Premium

カナダ物語 第六章 181ページ

「バッファローを助けた人」 ミシェル・パブロ氏の祖先は数万年間バッファローの狩人でした。しかし、1880年代にライフル銃や鉄道や容赦ない狩りのために、北アメリカ大陸のバッファロー群れはほとんど絶滅しました。わずか10年間に大草原中、先住民のバッファロー狩人の部族達は、...
  •  
  • 33
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Nov 1, 2014 10:50