ヨコハマ買い出し紀行

  •  
  • 2965
  • 16
  • 8
  • Japanese 
Dec 5, 2009 10:30
漫画の「ヨコハマ買い出し紀行」は、場面がサイエンスフィクションなので、気持ちが実生活の一片のです。
「ヨコハマ買い出し紀行」はサイエンスフィクションの漫画ですが、実生活の一片の気持ちがあるのです。
"Yokohama Shopping Notebook" has the setting of a science fiction manga, but the feel of a slice of life manga.

環境の災いのあとで、世界の人間が4分の1しか生存しません。
After an environmental disaster, only a fourth of the human beings in the world survive.

人造人間もいて、皆は人間に死に遅れると分かります。
There are also robot people, and everyone understands that they will outlive the human beings.

でも皆は冷静で心静かで、人類の日暮れだと承知します。
Nevertheless, everyone is calm and serene, and accepts the fact that this is the twilight of humanity.

話の主人公はアルファと言う名前の人造人間です。
The protagonist of the story is a robot named Alpha.

彼女は小さい水辺の喫茶店を取り仕切って、オーナーの帰りを待っています。
She runs a small waterfront cafe, and waits for her owner to return.

いつ帰ると知りません。
She doesn't know when that will happen.

ある人は「漫画で何も決まらない」と訴えます。
Some people complain that "nothing happens in the manga."

実は、出来事がありますが、調子や性格や場面の方が大切です。
In truth, things happen, but they are less important than mood and character and setting.

漫画は場所の愛を大変表現します。
The manga deeply expresses love of place.

アニメの脚色がありますが、四話しかありません。
There is an anime adaptation, but there are only four episodes.

ずいぶん上手だと思います。
I think they're surprisingly good.

音楽は和やかなジャズのギターで、適当な調子があります。
The music is gentle jazz guitar music, and fits the mood well.

漫画もアニメもを勧めます。
I recommend both the manga and the anime.